平成29年度就業構造基本調査のお知らせ

  

平成29年10月1日現在で、就業構造基本調査が行われます。

調査へのご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

就業構造基本調査とはなんですか。

就業構造基本調査は、国が実施する調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として5年に1度実施される調査です。

本調査は国民の就業及び不就業の状態を調査するもので、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的としており、雇用政策をはじめ、経済政策などに活かされています。

 

調査世帯はどのようにして選ばれますか。

 全国を50世帯ごとに区切った区域の中から調査地域を選定し、その地域に居住している世帯の名から調査世帯を無作為に抽出します。

 なお、対象となるのは、全国約52万世帯、15歳以上の世帯員約108万人です。

 

調査の方法はどのようになっていますか。

本調査の調査員が、9月上旬から調査区内の各世帯を訪問して、世帯の抽出単位名簿を作成し、その中から調査対象に選ばれたお宅には、9月下旬に調査員が訪問し、調査票を配布して記入をお願いするとともに、10月上旬に、記入いただいた調査票の回収と内容の確認を行います。

 

 

インターネットでの回答はできますか。

インターネット(スマートフォン、タブレット)での回答が可能です。なお、操作については、調査票に同封された「インターネット回答のための操作ガイド」をご覧ください。

 

添付ファイル

§  周知用リーフレット画像

§  就業構造基本調査ポスター用画像

 

関連サイト

総務省統計局 就業構造基本調査のページ

http://www.stat.go.jp/data/shugyou/2017/index.htm