HOME     くらしの情報      環境情報       福祉保健     教育・文化      産  業
令和2年度 インフルエンザ予防接種についてのお知らせ

10月よりインフルエンザの予防接種が始まります。
接種や費用助成の方法が年齢により異なりますので、下記をよくお読みいただきますよう お願いいたします。
1、接種期間 令和2年10月1日~令和3年3月31日


2、接種と費用助成の受け方

接種医療機関一覧(PDF)

【65歳以上の人】
接種医療機関一覧(上のPDF)に掲載している病院では、自己負担0円で接種を受けることができます。予診票と説明書も備え付けてあります。
上記の接種医療機関一覧以外の医療機関で接種される場合は、町が発行する予診票等が必要になりますので、接種前に保健センターに取りにおいでください。
予診票がないと、助成が受けられない場合があります。

【64歳以下の人】   
◆任意接種ですので、指定の医療機関はありません。
 かかりつけ医にご相談ください。
接種医療機関一覧の玉名郡市内の医療機関では、接種と併せて費用助成の手続きができます。接種費用から助成額を差し引いた額を自己負担として医療機関に支払い、保健センターでの払い戻しの手続きの必要はありません。
それ以外の医療機関では、接種費用の全額を一旦病院で支払い、領収書(接種した人の氏名・ワクチン名が記載されたもの)と印鑑を持って保健センターで払い戻しの手続きを行ってください。振込先の口座がわかるものが必要です。

【生活保護世帯の人】
◆医療機関で支払った分の領収書(接種した人の氏名・ワクチン名が記載されたもの)と印鑑を持って保健センターで払い戻しの手続きを行ってください。


3、医療機関へ持っていくもの
  本人確認ができるもの(保険証・免許証・子ども医療費受給者証等)を持参してください。


4、対象者・費用助成内容

対象者

助成内容

接種の種類及び健康被害の対応

65歳以上
(60歳~65歳未満で心臓・じん臓等に重い障害があり障害手帳1級程度の方も含む)

自己負担0円
(接種費用全額を町が助成します)

予防接種法により、本人の希望で接種できます。
義務接種ではありません。
健康被害が生じた場合は、予防接種法による救済措置により対応します。

高校生~64歳

 

1,000円を助成
(接種費用から1,000円を引いた額が自己負担になります)

任意接種です。健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による救済措置を受けられる場合があります。

 

中学3年生以下

自己負担0円
(接種費用全額を町が助成します)

生活保護世帯

自己負担0円
(自己負担分を全額助成します)

対象年齢を参照してください。



5、インフルエンザについて

インフルエンザとは
 咳やくしゃみなどで、インフルエンザウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって起こります。症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの強い全身症状やのどの痛み、鼻水などもみられます。気管支炎や肺炎など合併し、重症化することが多いのも特徴です。流行すると65歳以上の高齢者の死亡率が普段より高くなるため予防することが大切です。

予防接種後の副反応について
 副反応として、注射部位の跡が赤みを帯びたり、腫れたり、痛んだりすることがありますが、普通2~3日で治ります。接種後数日から2週間以内に発熱、頭痛、けいれん等の症状が現れた場合は速やかに医師の診察を受けてください。

予防接種を受ける前に
 予防接種についての説明書を医療機関で読んで、必要性や副反応について理解し体調の良い時にかかりつけ医と相談のうえ接種しましょう。

予防接種後の注意
 インフルエンザワクチン接種後24時間は、副反応に注意し観察しておく事が必要です。
 特に接種直後の30分以内は健康状態の変化に注意してください。
 接種当日の入浴は差し支えありません。
 過激な運動、大量の飲酒は、それ自体で体調に変化をきたす恐れがあるので、接種後24時間は避けてください。


令和2年度 インフルエンザ予防接種についてのお知らせ(PDF)
【裏面】接種医療機関一覧(上記の医療機関一覧と同じ)(PDF)

問い合わせ先

 玉東町役場 保健介護課
 〒869-0303 熊本県玉名郡玉東町大字木葉372
 TEL:0968-85-6557
 FAX:0968-85-6554