位置・地形


 熊本県の北部・玉名郡の東南端に位置し、東は鹿本郡植木町に、西は玉名市、南は吉次峠、三の岳を経て熊本市、旧天水町に連なる金峰山オレンジベルト地帯の一角になっていて、北は旧菊水町、旧鹿央町に接しています。
南から北に向かって緩やかに傾斜するこの地形は安山岩土壌で、ミカン栽培に適した環境のため、玉東町はミカンの栽培が盛んに行われています。
 町の中心部をJR九州鹿児島本線と国道208号線が平行して走っています。
 そして、これを中心に工場、お店、住宅街が形成されています。

                      

    

戻る
TOPへ