国民健康保険の届け出について                    

  私たちは、いつ、どんなとき、病気やケガに襲われるかわかりません。そんなとき、お金がなくてお医者さんにかかれないとしたら大変です。

  そういう場合に備えて、加入者がそれぞれの収入に応じて 日ごろからお金を出し合い、必要な経費に充てる助け合いの制度が国民健康保険(国保)です。

 

 

加入しなければならない人                               

 職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人や生活保護を受けている人、75歳以上(一定以上の障がいがある人は65歳以上)の後期高齢者医療の被保険者を除き、玉東町にお住まいの人はみなさんは、玉東町の国民健康保険に加入しなければなりません。

 

 

国民健康保険の届出                                  

 国保は職場の健康保険などとは違い、加入するときもやめるときも、またその他変更が生じたときも加入者自らが届出をしなくてはいけません。

 次のようなときは、異動があった日から14日以内に届出をしてください。

 

国保に加入するとき                   表:国保に加入するとき

こんなとき

必要なもの

市外から転入したとき

転出証明書・印鑑

他の健康保険をやめたとき

健康保険資格喪失証明書(離職票も可)・印鑑

子どもが生まれたとき

母子手帳・印鑑

生活保護を受けなくなったとき

保護廃止決定通知書・印鑑

 

国保をやめるとき                    表:国保をやめるとき

こんなとき

必要なもの

市外へ転出したとき

国民健康保険証・印鑑

他の健康保険に加入したとき

国民健康保険証・加入した健康保険証・印鑑

死亡したとき

国民健康保険証・印鑑

生活保護を受けるようになったとき

国民健康保険証・保護開始決定通知書・印鑑

 

その他、変更が生じたとき              表:その他、変更が生じたとき

こんなとき

必要なもの

住所・世帯主・氏名・世帯などが変わったとき

国民健康保険証・印鑑

修学のため市外へ転出するとき(マル学)

国民健康保険証・在学証明書(学生証も可)・印鑑

市外の社会福祉施設などに入所するとき

国民健康保険証・在所証明書・印鑑

国民健康保険証をなくしたとき

身分証明書(免許証など顔写真付きのもの)・印鑑

 
※上記のいずれの手続きにも印鑑・身分証明書・マイナンバー(通知カード)が必要です。